メニュー

多発性硬化症について

多発性硬化症とは中枢性脱髄疾患の一つで、脳、脊髄、視神経などに病変が起こり、さまざまな神経症状がおこったりおちついたりを繰り返す疾患です。

日本では指定難病として特定疾患に認定されています。

多発性硬化症は、症状が出ずに進行することもあります。早期の予防治療によって、病気の進行を抑えることができますので、しびれ感、運動麻痺などの症状が現れた場合は、当院にご相談ください。

HOME

スマートフォンに対応しています。

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME